災害と支援の関係について!

災害が起きる度にその支援のやり方とか、問題などを考えさせられます。
(汗)もちろん、被災地支援を怠っているのではありません。
適切な被災地支援になっていないことが多いようですね。
被災者のニーズを的確に把握する事が支援の第一歩と言えます。
大規模災害の場合、時間経過と共に、必要とされる支援の内容が変化すると思います。
これによって支援とニーズのミスマッチが起こりやすくなると言えます。
東日本大震災では、インターネット上でミスマッチを防ぐ為の情報が沢山掲載されています。
※これには、必要としている人、その内容が書かれています。
※支援する人の提供できる内容も書かれています。
災害時におけるボランティア活動については、直接現場で復旧作業を手伝うだけではありません。
復旧作業を後方支援する事も、大切なボランティアになります。
東日本大震災では支援を統括すべき自治体が崩壊した所もたくさんありますよね。
地域の人達には故郷がなくなってしまったとも言えます。
(汗)。
こうなると出口が見えない不安感に陥ります。
(汗)。
災害の支援については、物質的なことばかりではありません。
特に目の前で肉親を亡くした人達や、家族が全員いなくなってしまった人もいます。
このような人達が多いのです。
これから生きていくのに支えをなくしてしまった人達です。
(汗)
非常食通販ショップ人気ランキング