「正規雇用」と「非正規雇用」の説明

一昔前までは、雇用と言う場合、「正規雇用」のことを指す言葉だったと思います。
その為、あえて「正規雇用」と言う言葉を使う必要もなかったのではないでしょうか。
ですから、あまり耳にする機会はありませんでしたよね。
実際、「正規雇用」と言う言葉自体は、90年代に生まれた言葉です。
それで、現代社会においては、その対極の「非正規雇用」よりも、むしろ正規雇用の方がよく目にしたりすることがあります。
それくらい現代の雇用問題は深刻な状態になっていると言うことですね。
『正規雇用』これは、簡単に言うと「定時での出勤が義務付けられている雇用形態」と言う意味になります。
その一方で「非正規雇用」があります。
『非正規雇用』これは、その正規雇用以外の雇用形態です。
主に「中間的雇用」も、この非正規雇用に含まれます。
それが多いようですね。
大体で言うと、以下のような物があります。
※「有限契約労働者」※「派遣労働者」※「パート・アルバイト」これらが雇用形態です。
非正規雇用ということになります。
現代社会の雇用問題を言えば、この非正規雇用に対しての問題が多いと言われています。
特に社会問題としてクローズアップされているのが、「派遣労働者」ですね。
給与の額や支払いに対する問題、不安定な雇用に対する問題が挙げられます。
しかし、その改善策はなかなか生み出されていないよですね。
(汗)。
その要因のひとつに、「労働者の立場の弱さ」と言うものが挙げられます。
しかし、それとは真逆の現代では、労働者の立場は弱くなっています。
それが極端になると、様々な雇用問題が発生します。