クレジットカードの決済方法のリボ払いとは?

決済方法を選べることが、クレジットカードの長所です。
一括払いとリボルビング払いという決済方法が、利用者の多い決済のスタイルです。
クレジットカードで使った金額を、期間を定めて毎月同じ日に払うというスタイルが一括払いであり、月ごとに支払う金額は利用額に応じて変動します。
月々の支払日の都度それまでの精算をするので、利息なしの引き落とし金額になります。
カードで使ったお金がそっくり決済日の請求金額になるため、金額を把握しやすいでしょう。
リボルビング払いはリボ払いとも呼ばれており、支払金額に一定の上限が設けられる仕組みです。
いくらまでの引き落としにするかを事前に取り決めておき、決済日の支払い金額は決めた金額までとするものです。
リボルビング払いにすれば、月々の決済日に一定の金額だけが請求させる扱いになります。
リボ払いなら、高い買い物をしても見通しが立てやすいという利点があります。
ただし、リボ払いを利用すると利息分の手数料が必要です。
クレジットカードの利用料金に利息をプラスして支払わなければなりません。
クレジットカード会社側としては、多くの顧客にリボ払いを利用してもらえれば利息という収益が入るので、有利な条件をつけることもあります。
クレジットカードで支払いを行う際、リボ払いにすることで多くのポイントがつくなど、カード決済をする菜にリボ払いを優遇する傾向があるようです。